良い家庭教師を見つけるための極意

中学生や今の時代だと小学生くらいからでも、塾に通ったり家庭教師を付けたりするお子さんは少なくありません。その全てが小学生なら中学受験、中学生以上なら高校受験や大学受験に備えてというわけではなく、普段の学力向上の為であったり勉強自体が好きではない子に、少しでも勉強させたいという親の気持ちからだったりと、理由は様々です。もちろん塾や家庭教師を付ける事は、沢山のメリットもありますがでは全くデメリットがないのかと言うと、そういうわけでもないので、両方の可能性を考えて決める事が最善と言えます。また塾にしても家庭教師にしても、お子さんに合った先生を選ばなくては効果がありませんので、その辺りも親としてはしっかり見極めなくてはなりません。先ずは個別があっているのか、団体がいいのかが大きな分かれ道となります。

個別か団体かで選択肢は大きく変わってくる

お子さんに合っているのが、所謂個別の授業の形なのかそれとも数人以上で受ける団体のタイプなのか、それによって塾へ通うのか家庭教師を付けるのかも変わってきます。個別が合っている場合は個別授業を売りにしている塾へ通う、もしくは家庭教師に来てもらうという二つの選択肢がありますが、数人以上のクラス形式が良いという事になれば、家庭教師は向かない事になるのでメリットは得られないという事になってしまいます。ただ一つ言える事は、小学生や中学生でまだまだあまりはっきりした進路が見えていない場合は、個別で受けられるタイプの方が集中できるという事です。しかし小学生なら特に塾まで通わせるのは行き帰りが心配な方も多いでしょうから、その場合は家庭教師が選択肢として最適です。自宅に来てもらうのなら、お子さんが一人で遅い時間に通う事もなく、自分達も授業の様子を垣間見る事ができるので安心です。

家庭教師を選ぶ事で起こるデメリットとは

では、家庭教師を選択する場合にはデメリットはないのかと言うと、全くないとは言い切れません。例えばテレビで宣伝しているようなレベルのプロ家庭教師を選ぶと、塾へ通うよりも費用が割高となる場合が多いです。更に個別での授業となるので当たり前ですが、他の事比べてどのくらいなのかわかりませんし、お子さん自身が他の子よりも頑張ると思う気持ちなどはあまり期待できません。そして当たった先生がお子さんに合っていれば問題はありませんが、あまり相性が良くなかった場合や指導力不足を感じる場合などは、その先生一人に依存してしまう事は逆に危険性があります。そのせいで成績が上がらなくなる事もあるのです。しかしマンツーマン授業で質問がしやすい点や、年齢が近い事から心を開きやすく、交通費や時間などの手間が省ける事は大きなメリットでもあります。