家庭教師を付けて勉強するときの心構え

家庭教師の方たちは、大学生から社会人まで様々ですが、一通り講習も受けていますし、人に教える学力のある方たちです。ただ人と人との付き合いであるため、まずはお互いが尊重し合えることが大切です。どちらかが、必要以上にへりくだる必要もないですし、高圧的に対応される必要はないということは大切な点です。真剣に勉強をしたいのであれば、怖いと思う相手であるのなら、派遣会社に相談をして、態度の改善、もしくは教師の交代をお願いすることをお勧めします。1対1での恐怖心は、考え方が委縮してしまい、勉強に身が入らない場合があります。また体調にも影響を与える場合もあります。厳しいことと、怖いことは違います。まずこの点を考え、合わないと思ったら相談できる派遣会社を選ぶことはお互いのために大切です。

家庭教師をつけるデメリットについて

家庭教師をつけるデメリットは、やはり金銭面が高額になりがちであるということです。学習塾も1教科ごとに金額を設定している、またはすべての教科をまとめて1か月の月謝が決められているなど様々ですが、やはり少し高額となることが多いです。そして1対1であるが上に、他の生徒との交流が無く、先生個人の実力が非常に重要になるという点です。塾であれば他の生徒と情報交換や切磋琢磨、合間の息抜きなどができますし、先生も多く、教科ごとに各担当の先生が、実力ごとに配置される1ことになりますから、先生も専門の教科ということになりますから、極端に偏ることはほとんどないと思います。しかし一人ですべての教科を教える形になる場合、やはり教科ごとに得手不得手が出る可能性もあります。塾に関してもいえますが、やはり相性は大切です。

家庭教師をつけるメリットについて

家庭教師をつけるメリットは、時間を有効に利用できるということです。もちろんお互いに合う時間を選ぶことになると思いますが、通う手間が省けることは、通学時の危険を回避し、その時間を自分のために使えることになります。また他の生徒の目を気にすることなく、分からない点を質問することができます。勉強はわからない点がどこなのかわからないということがあります。塾の場合、同じ教室の仲間の勉強の進行の邪魔をしないようにと、質問を後にしようとして、結局質問できずに終わってしまうなどもありますが、自分がわからなければ、わかるまで質問ができ、説明をしてもらえるという点では大きなメリットです。勉強を教えてもらう側の性格やペースに合わせて、勉強を進めてもらえるという点は、得意を伸ばし、苦手を克服するには非常に重要なことです。ただ相性が合わなければこのメリットは消える可能性があるため注意が必要です。