家庭教師を付けるメリットを解説

学校の授業外で成績アップを狙うなら、自主学習や塾に通う他に、家庭教師という選択肢があります。個人差はありますが、学校のような授業形式で進む多くの塾と違い、一対一の指導となる家庭教師の方がより効果が出やすいという生徒がいるのも事実です。先生と生徒の相互理解が深まるため、苦手・得意分野、克服すべき課題などがより明確化し、成績アップに繋がるというのです。もちろん、信頼関係のある先生の授業の方が身は入る、という事情もあるでしょう。しかしこれまで家庭教師を雇ったことのない方は、何かと気になることや疑問点も多いかと思います。他人を家に招くという点で若干の不安感を覚えている方もいることでしょう。ここではそうした方のために、家庭教師を付けることのメリット、塾との違い、そして気になるデメリットのことまで、家庭教師について解説していきます。

家庭教師最大のメリットはマンツーマン

家庭教師を付けるメリットは数多く存在します。最大のメリットは一対一で教えてもらえる、ということです。マンツーマン形式の指導は、授業形式の塾では着いて行けない生徒たちの受け皿になることもできます。こうした場合、本人たちは何が分からなのかかも分かっていないことが多く、そこで家庭教師の親密な指導が活きて来ることになります。何か疑問に思ってもすぐ質問できる、という環境も成績アップに寄与します。人数の多い塾ではなかなか先生が捕まらず、分からないままになってしまうこともあります。実際の利用者を対象にしたアンケートでも、家庭教師は理解できるまで教えてくれることが魅力、という声が多数挙がっています。授業に着いて行けない生徒は勿論、授業への理解度が高く、もっと発展的な問題に取り組みたいという生徒も、それぞれのペースに合わせて勉強することが可能です。

家庭教師の気になるデメリットとは

良いことづくしに思われる家庭教師ですが、当然デメリットもあります。デメリットとしては、まず塾通いよりも割高になりがちということが挙げられます。塾への交通費が掛からないことを除いても、金銭的負担は大きくなります。そして次に、せっかく大金を支払っても、相性が良くなければ成果は付いて来ません。先生の教える勉強方法がその子には合わない、そもそも性格的不一致がある、などというリスクをも孕んでいるのです。良い先生に当たるまでちょっとした博打のようなところがあります。また塾であれば、同じ目標を持つ学友たちの存在に鼓舞され勉学に励む、ということも有り得ますが、家庭教師ではそういった効果は実感できません。もっともこれは一長一短であり、指導を受ける側が自分に必要なのは塾なのか、家庭教師なのか、はたまた別の何かなのかを、きちんと見極めることが重要です。

プロ家庭教師は『教えるプロ』たくさんの生徒さんを教えてきた経験があります。 アカデミークラスでは特異な分野も受講することが出来ます。 沢山の方々がそれぞれの目標に向かって進み合格しております。資料請求はお申込みの入力フォームをご利用下さいませ。 教育プランナーとの打合せもとても大切にしております。 【一人で勉強するには限界がある】、しっかりとサポートしていただけます。 全国展開しているおススメの家庭教師は、家庭教師のLNSです